本文へスキップ

クルリカービングは東京・練馬・大泉学園のソープ・フルーツカービングの教室です。

ご予約・お仕事のご依頼は お気軽にお問い合わせください!

kururicarving8@gmail.com

コンセプトカービングの素材となる野菜・果物一覧

フルーツ

カービングの素材となる、野菜・果物をご紹介します。個人的な感想も載せています。

 【 スイカ 】 (7〜9月位)
 カービングを代表する果物。表面の緑、皮の白、内側の赤のグラデーションが美しい。
 はっきりとしたグラデーションがあるので文字入りのデザインに向いている。
 ナイフを入れると割れる場合あり。 皮が固すぎると彫りづらいが、刃を入れてみないとわからない。
 大玉でも小玉でも彫れますが、白い部分に厚みがある大玉の方がグラデーションはキレイです。
 【 ハネージュメロン 】 (輸入・季節問わず手に入りやすいが、全く手に入らない時期もある)
 1年中手に入りやすいので、冬場のレッスンでスイカの代わりに使われることもある。
 表面は淡い黄緑のものと、黄色のものがある。果肉も濃い黄緑のものと白っぽいものがある。
 下書きが見えやすい、刃を入れやすいので、経験の短い方にもオススメ。
 カットして売られていることが多いですが、お願いすると玉で売ってもらえることがあります。
 夏〜秋はアメリカ産、冬〜春はメキシコ産。
 【 紅芯大根 】 (12〜2月位)
 表面の黄緑と内側のピンクがかわいい、カービングで大人気の野菜。
 下書きが見えやすく、やわらかいので彫りやすい。茎が生えている部分のみ固いので、
 そこを中心に使う場合は、掘り下げ等茎をカット出来るデザインが似合います。
 水をつけると、中心の赤が表面に染みてグラデーションが変わります。
  【 バターナッツ 】 (9〜11月位)
 普通のカボチャより柔らかく彫りやすい。皮を残して模様を入れても、皮を全てカットしてからでも
 どちらでも綺麗です。底の丸い部分にのみ種があるので、筒状の部分は深いカットの模様も可。
 最近は普通のスーパーでも見かけるようになりました。
  【 パパイヤ 】 (一年中)
 皮が緑の青パパイヤは、カービングにちょうどよい固さで楽しく彫れる野菜です。
 ナイフを入れるとタンパク質分解酵素のパパインが染みだします。カットの邪魔になったり
 手が荒れたりするので、カービングの前にナイフの先で何度か刺して拭き取っておきます。
 熟したオレンジのパパイヤも綺麗ですが、柔らかすぎてカットに適さないこともあります。




お問い合わせ

shop info.お問い合わせ

クルリカービング

kururicarving8@gmail.com